ブラジル岐阜県人会便り
インターネット版
www.gifukenjinkai.org.br
第283号
2015年3月

2015年2月の出来事
 
02: 原田会計理事が来所、会計帳簿をチェック。
 
03: 吉村マルセロ氏が来所。ホームページの改良版システムのテストは予定通り順調に進んでいるとの報告があった。改めて最終レイアウトのデモンストレーションを後日提出する事となった。尚、今後は経費節減を図り、従来作成を依頼していたポルト・アレグレの会社及び石田氏との契約は解消。
 
05: 吉村マルセロ氏が来所。ホームページ最終レイアウトモデルを見ながら山田会長、坂野・(影山)事務員等と質疑応答。細かな詰めの必要な点はあるものの、このモデルで進める。
会計事務所のエレーナ会計士が来所。
 
10: 前園博子氏が来所。年表ポルトガル語版用資料として、年表1冊を渡す。
原田会計理事が来所、会計帳簿をチェック。      
 
11: 柴田イネース、小田エルザ両画家が来所。日伯修好120周年記念絵画展について、山田会長と協議。絵画展の実施には新たな会場確保が必要。
2月の定例理事会が午後4時より開催。(別途報告)
 
12: 浅野悟理事が来所。体調不具合のため2014年度末定時総会を欠席する。
 
13: ブラジル東京農大会長の沖眞一氏が来所。同氏並びに大島正敬氏に年表を贈呈。
原田会計理事が来所。
エレーナ会計士に依頼していた2014年度の収支決算報告書を受け取る。
 
18: 岐阜県庁より派遣の桂川弥代氏が来訪。山田会長を表敬、坂野事務員を交えて懇談。
 
19: 深川京子画家が来所。
原田会計理事が来所。1月の正式な会計報告を提出。
 
20: 金子監事が来所。総会に先立ち2014年度の会計報告の内容を確認。(理事会欠席のため)
 
22: ブラジル岐阜県人会2014年度末定時総会開催。
 
23: 吉村マルセロ氏が来所。会長と懇談。総会議事録ポルトガル語版登記用書類に署名。
大野光男氏が来所。総会議事録ポルトガル語版登記用書類に署名。
 
24: 西尾勝典(画家)夫妻が来所。山田会長と絵画展について協議.会長より年表と会報1月号(第281号)を贈呈。
長屋充良理事が来所。総会議事録ポルトガル語版登記用書類に署名。
 
25: 石田氏が来所。ホームページ上に邦字新聞へのリンクを付すことは一般公開用なので無断使用しても何等問題はない事を確認。
 
26: 前園氏が来所。会報作成の手順、ポルトガル語版翻訳料などにつき打ち合わせ。
原田会計理事が来所。
 
27: 深川京子画家が来所。
エレーナ会計士が來所。
坂野政信事務局員は本日付を以て正式に退職。
 
 
 
2015年2月定例理事会議事録要旨
 
日時: 2015年2月14日(水曜日)、午後4時開会
 
出席者: 山田彦次、原田敏彦、日比野健一、長屋充良、伊藤勉パウロ、吉村知明マルセロ
(事務局) 坂野政信、景山六男
 
審議内容: 1)事業報告
書記理事欠席につき、影山六男事務員が1月度の事業報告を行い承認された。
 
2)会計報告
原田敏彦会計理事より1月度の会計報告が行われ承認された。
総会提出用の2014年度決算報告、並びに2015年度予算案が提示されいずれも承認された。
 
3)2015年度事業計画案
以下事案につき検討審議が行われた。
(イ)恒例の「日伯友情交流絵画展」を「日伯修好120年記念事業」として開催を企画、総領事館文化班に会場の提供を依頼することとする。
(ロ)先般刊行された「年表ー100年のあゆみ」のブラジル語版を将来の県人会員構成を考慮して、出版の方向で検討を進めるべく、翻訳料・印刷等の必要経費につき調査をすること。
(ハ)吉村知明マルセロ氏のもとで引き続き作業中のホームページ改良版に関して、各理事にも更なる協力が求められた。
 
6)事務局報告
岐阜県庁派遣の桂川弥代氏が2月18日山田彦次会長を表敬來所。21日、同氏と共に來伯中の岐阜・静岡・愛知県派遣団の一行を吉村マルセーロ氏が市内を案内、その後レストランにて交流夕食会が持たれた

Copyright Brazil Gifu Kenjinkai. All rights reserved.
www.gifukenjinkai.org.br